Library-ヌック

第1章 猫のヌックとの出会い

“あした捨てます”、と書かれた貼り紙付きで束ねられた古書の上に、

丸くなって寝ていると思った子猫が、私に向かって話しかけてきた。

路上猫に似合わず綺麗な蝶ネクタイをした子猫が気になったのか、

アンティーク好きとして古書のタイトルが気になったのか、

あした捨てます、が、私のことのようにも思えて、

いつもと違う、何かが気になって立ち止まった。

少し酔いが回ったのかな・・猫が話しかけるなんてね。

呆然と猫を眺めていると、

猫は、時間を待っていたかのように、すくっと二本足で立つと、重そうに束ねられた古書を一冊、片手に持ち、路地裏へ歩きはじめて行った。

人間でいうと、小学2、3年生くらいの背丈の男の子の姿だけど、顔は猫。

あれこれと考え始めると、常識に囚われてマイナス思考になる私は、考えることをやめて、子猫の後をついて歩きはじめた。

・・・人間より、猫が好き。猫は、いつも私を助けてくれる。

好き、という気持ち、一つ持って、ついていこう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: sen.gif

第2章未公開:続きの第2章は、本Webサイト内のどこかへ、繋がっています。第2章が公開した際に、お時間ある方はお探しくださいませ。

error: