BLOG

当日編*ギフトショー:物語の幕開け

ギフトショー準備編

準備編からの当日の思い出綴りです。

兵隊にゃんこたちが守るにゃんこ美術館が幕開けです!

今回のコンセプトは、”ねこロンドンのCAT美術館”がテーマです。

※注意※ここからはお話の世界と現実の世界が混在します笑

 

英国デザインがすごく好きなRingoから生まれた近衛兵の兵隊にゃんこ。

LONDONCATのストーリはこちらから

守るというお仕事を真面目に一生懸命頑張っている兵隊にゃんこたち。

みんなそっくりだから見分けつかないけど、その中のひとり、ジュノくんには、好きな人がいます。

ジュノくんの一途な思いがこのLONDONCATの物語には、そっと混ざっています。

 

今回は、東京ビックサイトのねこたま美術館(架空)で大切な絵画や発売前の生地やバックなどを守るお仕事でした。

しっかり守っています!

部屋の中でもしっかりと守っています!

入り口すぐは、音楽の巨匠 ニャートーベン率いるが”MUSIC CAT”の生地を展示。

MUSICCATのストーリーはこちら

音楽が好きなねこたちが集まっている物語は、リズミカルで、とても豊かなストーリです。

サックスのシャム猫くんは、シャイBOY。

その横は、ゆらゆらふにゃふにゃと、現実の世界を夢のようにしてくれる鏡の国。

”現実なんて忘れてしまったらいいよ。”と、ねこたちの気ままな魔法が始まる。

チェス駒とチェス盤の上を歩いているので、自分もチェスになったような。

※注意※お話の世界と現実の世界が混在中。笑

鏡越しに見る世界は、不思議な感覚に。

ネコズの生地は、数奇な運命を辿った華麗なる王室貴族にゃんこに見守られて展示。

ネコズのストーリーはこちらから

みんな違っていいんだよ、もう比べないで。あなたはあなただから素敵。がテーマのネコズたち。

Ringoの原点となる大切な大切な想いのイラストです。

ネコズの原画。あたたかい柔らかいライトに包まれて。

この原画から生み出されていくアイテムは数知れず・・・・

原画はシンプルに静寂で繊細に。デザインは、踊りだすようにカラフルでリズミカルに。

隣で、兵隊にゃんこくんは、しっかりと守ってくれていました。

その隣は、兵隊にゃんこのご先祖さまに見守られての生地展示。(見分けはつかないけどね笑)

ゆっくりとこの空間で、コーヒー飲んでいってもらいたかったな・・

プレゼントの北浜ポート焙煎所さんに作っていただいたデザインパッケージのドリップコーヒー。

楽しんで飲んでもらえたかな?

作者Ringoの想いも展示。伝えたい思い。

物語のあるイラストたちが、生地となり、バックやノートカバーや、ポシェットなどになり始めています。

触れた瞬間にあたたかくなれるもの。自分だけの大切でお気に入りのものになるように。

 

たくさんの人たちとこの空間で出会えました。

たくさんの夢の物語を語りました。

子供たちやママや毎日を頑張っている女子男子、

みんなへこの世界を繋いでくれる方々がいてくれることに本当に感謝です。

 

夢を感じること。物語の世界を楽しむこと。もっともっとイマジネーションを楽しむこと。

身近な暮らしをお気に入りで彩り、豊かにしていくこと。

日常に非日常を感じるとすごく人生が楽しくなる。

 

この思いをギフトショーで発表し、いま、発売までに色々な準備をしています。

たくさんの人たちが待っていてくれているのを感じて、日吉商会さんもRingoも、毎日毎日たくさんの愛情をこめています。

 

発売まで、今しばらくお待ちくださいませ。


お隣の日吉商会さんのねこたまワールド

みずたまがある日ねこになっちゃったの”ねこたま”

日吉商会さんのねこたまブースもめちゃめちゃ可愛い世界でした*

オセロや、チェス、トランプタワー、遊び心満載のブース♪

巨大オセロは、気ままに、ときどき方向があっちこっちくるくる変わる♪


当ウェブサイトで使用のイラスト・デザイン・文章の無断転載・複製を禁じます。

RingoDesignWorksの著作物であり、著作権、その他の権利はRingoに帰属します。


ご案内:

ギフトショーで発表しましたRingo生地と生地小物は現在製造中です。

11月ごろの発売スタートを目指しています。

生地の発売日は決まり次第ご案内します。

生地については、Ringoからの小売は御座いません。

ご興味ある方は、お問い合わせコーナーからお問い合わせいただくか、

生地ライセンシーの日吉商会さまへのお問い合わせ宜しくお願い致します。


2017年9月5.6.7日東京インターナショナルギフトショー出展しました。

Ringo生地ライセンシー:日吉商会さま

Ringo/ねこたまブースデザイン設計:tint設計デザイン事務所さま

ご協力会社:和歌山染工さま 高木包装さま 北浜ポート焙煎所さま