BLOG

準備編*ギフトショー

2017.09.18

東京インターナショナルギフトショーから早くも一週間過ぎてしまいました。

終わってからも怒涛の日々を過しています。

たくさんたくさんのRingoへのオファーありがとうございます!

 

あの空間で出会えた人たちは、私の運命を変えるような出会いもありました。

 

あの空間を創った暑い暑い夏の思い出は一生忘れれません。

ちょっと作業の思い出も兼ねて綴っておきます。

 

Ringoのブースは、ライセンシーである日吉商会ねこたまさんブースの中の2m×3m×高さ2.7mのスペース。

このブースにてRingo初のイラストデザイン生地と生地小物の発表となりました。

Ringo生地は、和歌山染工さんにて製造しています。

モノづくりへの想いも止まらなくなるので、またそれは別のブログに書きます。

 

ブースデザイン。

私の脳内にあるイラストの猫たちの手描きの不思議な現実の部屋を創りたい!との想いを日吉商会さんtint設計事務所さんにあれこれ相談。

 

10分の1サイズに描いたものを拡大印刷するということに。

施工会社さんに確認すると、前例の無いことですと言われ、プチパニックに・・・

何回も何回も描き直し、印刷チェックも何回も繰り返し、

打合せ中にぶっ倒れそうになるくらい、時間をかけて打合せを重ねて想定できることをあれこれテストして・・・

平面から立体になるのが私の脳ではなかなか変換できなくて苦しかったのも、今はいい思い出。

日吉商会さんと一緒にブースミニチュア模型も作って、イメージを何回も確認して、

会社で、日付変わってる日もあったりして・・・涙

でも、みんなで笑いながら食べた夜食のピザは美味しかったな~♪

tint設計デザイン事務所さんのアイディアの遊び心チェス型什器。

図面とおりにできあがっていく世界観に感動!

什器とパネルの制作は、高木包装さん。

パネルは、私の身長と同じくらいの155センチくらい!インパクト大の大きさ!

本当に本当にたくさんの色んな人たちの力が詰まっています。

施工日にようやく出会えた現実のものとなった空間。

床面は、チェス盤をイメージしたもの。可愛いくてお気に入り。

レンガも一部だけ、立体化したのもお気に入り。

 

そして、tint設計デザイン事務所さんのディスプレイによって

モノクロ空間に、存在感を放つカラフルな色のデザイン生地たち。

兵隊にゃんこのジュノくんが部屋を守ってくれている夢のあるすごく可愛い空間が出来上がりました。

 

人生初体験。自分の描いた世界が空間になる。

ギフトショー前日は、変なテンションになってしまいました。涙

施工も全て手伝ったので、本当に愛情いっぱいの空間です。

3日間しか存在しなかった今や幻の空間。

思い出すと、寂しいけど、きっとまたいつかこの空間と出会えるはず。

隣にtintさん設計制作の存在感抜群の巨大なねこたまオセロ!

くるくる回るの!すごく可愛くて可愛くて。

見てるだけで癒されてました*

 

くたくたの作業後にお疲れ様のご飯食べに行って、お店の人と盛り上がったのも本当にいい思い出!

たくさんたくさん笑いながらも、夢中で仕事できる幸せに感謝です。

 

長くなったので、準備編はここまで・・・当日の思い出はまた別のブログにて。

さぁ、物語の幕開けスタート


当ウェブサイトで使用のイラスト・デザイン・文章の無断転載・複製を禁じます。

RingoDesignWorksの著作物であり、著作権、その他の権利はRingoに帰属します。


ご案内:ギフトショーで発表しましたRingo生地と生地小物は現在製造中です。

11月ごろの発売スタートを目指しています。生地の発売日は決まり次第ご案内します。

ご興味ある方は、お問い合わせコーナーからお問い合わせいただくか、

日吉商会さまへのお問い合わせ宜しくお願い致します。


2017年9月5.6.7日東京インターナショナルギフトショー出展しました。

Ringo生地ライセンシー:日吉商会さま

Ringoブースデザイン設計:tint設計デザイン事務所さま

ご協力会社:和歌山染工さま 高木包装さま